ギャンブル依存症と借金の関係

ギャンブル依存症と借金の関係

ギャンブル依存症などという言葉があるように、賭け事にはタバコのニコチン中毒、お酒のアルコール中毒とはまた違った意味での中毒性があります。

その中毒に犯されてしまった人は、賭け事の刺激から抜け出す事ができず、文無しになっても借金を繰り返して賭け事にお金をつぎ込んでいくというのはよく聞く話ですね。実際、借金の主な理由の上位には、必ずギャンブルが入っています。借金と賭け事は、切っても切れない関係にあると言っていいでしょう。

ギャンブル依存症は、精神疾患の一種と言われています。つまり立派な病気です。
単なるギャンブル好きというレベルとはわけが違うのです。単に賭け事が好きというのであれば、お金がなくなった時点で、あるいは負けが続いた時点で、どこかで保身が働き、止めるか、距離をおくかするものです。節度を身につけ、生活に支障が出ない程度の金銭でたしなむようになっていきます。

しかし、依存症となってくると、精神疾患と呼ばれる状態になり、節度が保てなくなるようです。借金を抱えることになっても止める事ができず、破滅への道をひた走る事になります。どれだけ負けても、次に勝てば取り返せると思ってしまうのです。

こういった事にならないようにするには、できるだけ賭け事には関わらない事です。あるいは、それ以外に趣味や他の人との交流を持つことで、賭け事が自分の中で占める割合を抑えると、依存する可能性はかなり低くなるでしょう。


「借金について考える」記事メニュー

「クレジット・ローン」カテゴリメニュー

QLOOKアクセス解析