借金は悪いイメージ?

借金は悪いイメージ?

借金というと、大抵の人は悪いイメージをその言葉に抱いているものですね。実際、借金というものは人間の生活を壊しかねないとても怖いものです。

当然ですが、できる限り借金などしたくないものですし、現在お金を借りている人にしても、好きでそうなったわけではないでしょう。ですが、実際には負債を背負っているという現実があります。望まずとも、何らかの原因によってお金を借り、その額と金利を返済する毎日を送っている人は大勢います。

そんなお金の貸し借りというものが、近年あまり危機感のない状況で頻繁に行われるようになっているようです。自己破産という制度が一般的に知れ渡った事も理由の一つでしょう。
ただ、それ以外にも大きな理由があります。

それは、キャッシングという言葉の誕生です。「借金」だとかなりイメージが悪く、するべきではないという抵抗感を覚える若い人たちが多い一方、カードを使った「キャッシング」だと、あまり抵抗なくお金を借りられてしまうというケースが非常に目立ちます。

呼び方一つで、全く同じものでも先入観やイメージ、そしてそれに対する抵抗感というものがまるで変わってくるのです。これは非常に危険な傾向ですね。キャッシングはさほど悪いものではないという事は、決して考えないことです。あくまでも計画的な利用ができて、初めて役に立つ制度です。


「借金について考える」記事メニュー

「クレジット・ローン」カテゴリメニュー

QLOOKアクセス解析