信販系ローンのメリット・デメリット

信販系ローンのメリット・デメリット

消費者金融や銀行といった他の融資ではなく、信販系の融資を選ぶ場合、ある程度の知識がある方であれば、当然そこにメリットを見出したからこそ、その選択肢を選んだということになりますね。

信販系の融資の場合、消費者金融より金利が安く、銀行より審査が甘いという偏りのない条件なので借りやすいという面が大きなメリットとなっています。また、審査からカード発行までの時間が早く、すぐにローンを組めるという点も魅力のひとつでしょう。

そんな中で、ひとつ大きな特徴があります。
信販系のローンを組む場合はクレジットカードを利用するケースがほとんどですが、そのクレジットカードの融資には、ショッピング枠とキャッシング枠が存在しています。

ショッピング用のローンと、キャッシング用のローンが両方とも使えるケースがあり、それぞれの枠の限度額までローンを組めるのです。これはメリットともデメリットとも言える特徴ですね。

ショッピング枠はキャッシング枠とは別個に設定しているので、お金を借りつつクレジットカードで買い物ができるという点では便利ですが、残高に関係なくショッピングをしてしまい、どんどん借金が増えていくという可能性にもつながり、この点においてはデメリットといえます。

信販系のローンは借金癖のある人が利用すると、カード破産と呼ばれる事態になりかねないので、危険といわざるを得ないのです。もちろん計画的に利用できる人であれば問題はありません。


「銀行のローン」記事メニュー

「クレジット・ローン」カテゴリメニュー

QLOOKアクセス解析