信販会社の加盟店契約の条件とは?

信販会社の加盟店契約の条件とは?

信販系の会社というのは、販売信用を取り扱う会社です。一番わかりやすい例が、クレジットカードを発行している会社ではないでしょうか。販売信用というのは、先に商品を提供し、その後に支払いをしてもらうという販売方法で、ローンやクレジットカードでの販売などが主な形態となります。

したがって、ローンを組む場合は、この信販系の会社のお世話になるケースが多くなります。言ってみれば、ローンの専門店のような会社といえます。ただ、信販系の会社については、あまり知られていないことも結構あるようです。例えば、どうすれば信販系の加盟店として認定されるのかなどといった事です。

新規開業した会社が信販系の加盟店となるには、審査を通過しなくてはなりません。ローンの審査をする会社が、最初は審査されているという事になります。ある意味正当といえば正当な事ではありますね。
やはり、しっかりと審査を通過している加盟店だからこそ、消費者も信用できるというものです。

肝心の加盟店審査の条件ですが、まずは屋号と代表者が信用情報機関に登録をされていない事が挙げられます。返済が滞った事があるなどの事故情報が過去にないという事です。消費者時代に問題を起こしていないかどうかという事がやはり重要視されるのです。

さらに、店舗がちゃんとある事も重要です。こういった企業では、店舗を持たずに営業するケースもあり、そういったケースにおいては悪徳業者である可能性が極めて高いので、店舗がない場合はNGとなるようです。後は、その業種における基礎知識や運営ノウハウを知っていれば、審査を通過できる可能性はかなり高くなるでしょう。


「銀行のローン」記事メニュー

「クレジット・ローン」カテゴリメニュー

QLOOKアクセス解析