連帯保証人はローンによって必要性が変わる

連帯保証人はローンによって必要性が変わる

連帯保証人は、あまりにリスクが高く、引き受ける人が少ないことから、近年のキャッシングやローンではあまり必要としないケースが増えています。
つまり、保証人がいなくてもお金を借りられるという事です。カードローンなどは特に顕著です。手軽に借りられるという点で消費者には気楽ですが、同時に欠点もあります。

連帯保証人を必要としている場合、保証人に対しての責任感が、それ以上のキャッシングやローン、あるいは返済の滞りに対しての歯止めになっているケースが多かったのですが、それがない場合、自制がきかずに借金を繰り返すケースが増えているのです。一長一短といったところですね。

一方、住宅ローンのような非常に大きな額の融資を受ける場合は、基本的には連帯保証人は必要です。
ただ、最近では上記のように引き受ける人が極めて少ないことから、連帯保証人の代わりに保証会社という機関に保証人になってもらえるシステムが定着してきています。これは、身内に保証人になってもらう必要がなく、保証会社が引き受けてくれるので、かなり気が楽です。ただしその分、コストはかかります。

このように、連帯保証人という制度は、ローンによって必要性が変わってきます。また、同時に融資を受ける業者の種類でも大きく変わってきます。消費者金融は比較的甘く、保証人の必要がないケースが多いようです。また、銀行などの場合は、保証会社を推奨しているようです。


「連帯保証人の知識」記事メニュー

「クレジット・ローン」カテゴリメニュー

QLOOKアクセス解析