連帯保証人の契約は絶対なのか?

連帯保証人の契約は絶対なのか?

連帯保証人になると非常に厄介という事は、大抵の人が想像している通りかと思います。ただ、中には「契約の解除ができるんじゃない?」と思っている方もいるかもしれません。
何しろ、自分は全く責任のない借金をいきなり背負うという理不尽極まりないこの制度、どこかに抜け道があるだろう、とタカを括る気持ちも良くわかります。

しかし、実際にはこの連帯保証人という制度はそう甘くはありません。保証人として一度契約した場合、その責任というのは非常に重く、法律上は保証人として被った債務は、自己責任で自分が借金した場合と同じような扱いを実質的に受けてしまいます。
その為、債権者は積極的に連帯保証人に対して取立て、請求を行うわけです。よって、自分が悪くないから払う必要はない、というわけにはいかないのが現実なのです。

加えて、連帯保証人には保証人と違い抗弁権というものがありません。返済を請求してきた債権者に対して、債務者に催告して欲しいという権利がないのです。つまり、本来の債務者に対して「借りたのはあの人なんだからそちらに請求してほしい」と言える権利がないのです。これはかなり厄介です。

基本的に、連帯保証人の契約は法律上では絶対といって良いでしょう。ただし、無理やり保証人にされたという場合、その証拠があれば、裁判上でその責任を免除される可能性はあります。
その他にも、書名の偽造や替え玉を使った契約では債務が無効となるといったケースがありますので、そうした事実がある場合は弁護士などに相談してみましょう。


「連帯保証人の知識」記事メニュー

「クレジット・ローン」カテゴリメニュー

QLOOKアクセス解析