最後の手段、連帯保証人解除とは

最後の手段、連帯保証人解除とは

法律上、連帯保証人の契約は非常に強固で、自分が背負った借金ではないにも関わらず、自分が作った借金と同じ様な扱いで債権者である金融業者から取立てや請求をされてしまいます。
これに関しては、制度としてはっきり定められている事なので、自分のした借金ではないとどれだけ主張しても通りません。だから連帯保証人は厄介なのです。可能な限りなるべきではありません。

とはいえ、実際に社会で何年も生活していると、しがらみや繋がり上、どうしても引き受けざるを得ない場面が出てくるものです。身内に関しても同じことが言えます。保証人にはなってはいけないと思っていても、実際にはならざるを得ない状況は出てくるのです。

ただ、そういった場合、手遅れになる前に安全な生活を取り戻す方法がひとつあります。それは「連帯保証人解除」です。つまり、自分にその借金の火の粉が降りかかる前に手続きを行い、保証人という立場から抜け出すという方法です。

連帯保証人は原則として、借金が完済されるまではやめることができません。しかし、債権者が承諾する場合は、例外的に解除が可能です。もちろん、通常であれば債権者が首を縦に振る事はないのですが、銀行などのある程度地位がしっかりしている機関が債権者の場合は可能性があります。

連帯保証人となった人が直接交渉を行い、場合によっては一定の金銭を支払う、担保を差し出すなどすると、合意解除が行われるケースは考えられます。これかなり例外的なケースですが、どうしても保証人をやめたいという場合は、一考する価値はあります。


「連帯保証人の知識」記事メニュー

「クレジット・ローン」カテゴリメニュー

QLOOKアクセス解析