三井住友銀行の主な商品やサービス

三井住友銀行の主な商品やサービス

(株)三井住友銀行は、2001年、住友グループの住友銀行に三井グループであったさくら銀行が吸収合併した事によって誕生しました。これにより、三井住友フィナンシャルグループの傘下として、日本三大銀行の一行になったのです。(他二行は三菱東京UFJ銀行とみずほ銀行+みずほコーポレート銀行)

(株)三井住友銀行のATMは、アットバンクを含む、びわこ銀行・関西アーバン銀行・みなと銀行・三重銀行・大阪府警察信用組合・名古屋銀行のカードは自行扱いとされます。また、今盛んに進められているネット銀行のジャパンネット銀行・ソニー銀行のキャッシュカードも使用する事ができます。

(株)三井住友銀行は、住友銀行・さくら銀行の拠点の関東、関西には店舗数が多くありますが、愛知などの東海エリアは店舗数が少ない為、東海エリア(特に名古屋)での店舗数を増やすように力を入れています。

(株)三井住友銀行の取り扱い商品は、通常の総合口座の他にも外貨預金、個人向け国債、今後の事を考えた個人年金保険や遺言信託といった物もあります。CMでおなじみのカードローン・住宅ローンの他にも、便利なサービスとして、キャッシュカードでの出金や口座引落の事前お知らせがメール配信される電子メールお知らせサービスや、インターネットバンキングを利用する事により、提携加盟店での買い物の支払いをスムーズに行う事ができるサービスを提供しています。

これらのサービスをさらに充実化させる事で、利便性がさらに高まると言えるでしょう。


「三井住友グループ」記事メニュー

「クレジット・ローン」カテゴリメニュー

QLOOKアクセス解析