低金利ローンと高金利ローンの違い

低金利ローンと高金利ローンの違い

もしもローンを組もうと思っているなら、少しでも低金利のところから融資を受けたいと思いますよね。
しかし、それでは世の中の方みんなが低金利の会社と契約しますし、金融業を営む様々な企業も成り立ちません。

低金利の会社と高金利の会社がどのような理由で違いがあるのかというと、実は簡単な事なのです。
やはり低金利の会社というのは、まず審査が厳しいといわれています。金利を低くしているのだから、確実に返してもらえる信用のある人に貸したいという事です。考えてみれば当たり前の事ですね。

系統で言えば、やはり大手の銀行系のローンなどが低金利であると思います。銀行系は、審査も厳しい上に借りられる上限も低めです。また、よくあるカードローン会社のように思い立ったらすぐに借りられるのとは違い、審査通過までに結構な時間がかかります。

逆に高金利と言われている会社は、その分審査もゆるめで即借りられるといったイメージのところが多いように思います。便利さからみるならやはりこちらだと思います。しかし、やはりその便利さと手軽さの代わりに金利が高いというわけですね、

こういう仕組みを見てみると、どちらがいいとは一概には言いきれません。どちらにも一長一短あるので、やはり目的に合わせて利用するのが一番ではないでしょうか。そして、借りる前には返済できるかどうかをきちんと考えましょう。


「ローンに詳しくなる」記事メニュー

「クレジット・ローン」カテゴリメニュー

QLOOKアクセス解析