カードローンで保証人が必要なケースとは

カードローンで保証人が必要なケースとは

カードローンを組むには、まず借りる人がどれくらいの返済能力があるかを年収やその他の借入などから調べられ、審査に通過してはじめて融資を受ける事ができます。

保証人に関しては、最近では必要がない事の方が多いようです。しかし、場合によっては保証人が必要となる場合もあります。それは、本人が学生である場合です。この場合はもちろん保護者や家族がその対象となります。

また申込んだローンの融資額が大きい場合なども必要になる事があります。
学生さんに関しては不要のところもありますが、金額に関してはやはり限度額いっぱいであったりする場合などは審査も厳しくなるようです。もちろん、代わりに担保でも良い場合もあるので土地などの資産を持っているなら保証人の代わりになる事もあります。

また、複数の金融業者に借り入れがある、いわゆる多重債務者の場合、普通ならカードローンを組めないものですが、保証人や担保を用意すれば受け入れてもらえるケースもあります。

その他のローン契約にも保証人が必要な場合があります。それは家族や親せきなどが一切いないなど。
その場合には収入を証明するものを提出し、認められれば不要となるケースもありますので覚えておくと良いでしょう。

カードローンなら、保証人が必要なのはこのような事くらいでしょうか。カード系は、早さや気軽さ、簡単さをウリにしている事が多い事が理由だと思います。


「ローンに詳しくなる」記事メニュー

「クレジット・ローン」カテゴリメニュー

QLOOKアクセス解析