過払い請求によるデメリットとは?

過払い請求によるデメリットとは?

法律で定められている以上の利息での借金を長く返済している場合に発生する可能性があるのが「過払い」の問題です。実際にそうである場合、融資を受けた金融機関に請求する事で払いすぎたお金を取り戻す事ができます。

早くしなければ…と思われる方もいると思いますが、請求手続きをする事によってそれなりのデメリットもあるので注意が必要です。

まず一番先に思われるデメリットとは、弁護士や司法書士へ依頼した場合の費用の問題です。一般的に過払い請求は自分でもできるとなっていますが、ある程度勉強して知識が必要ですし、なにより相手の貸付業者となにかトラブルになった場合に自分一人で対処しきれない場合があるという事です。

過払い請求をする場合、やはりお金に困っていたりする場合も多いですが、そんな中で弁護士や司法書士の費用を捻出するのは大変な事だと言えます。

もうひとつが、一般的に言われているブラックリストの問題です。本来ブラックリストというものは存在しないのですが、各貸付業者にはそれぞれ共有できる個人情報が存在します。
それには、主に個人の借入情報の他、延滞した履歴などが書かれます。そして、過払い請求した場合に問題となるのが延滞の事実があるのに請求手続きを行う事。手続きを行うと「契約見直し」と書かれます。

この事は、他の金融機関から見ても契約通りに返さない上に途中で過払い請求の申し立てをした人という事が一目瞭然なのです。ですので、他の業者に次に借入をする場合などは審査に落ちてしまう可能性が大きくなります。これは大きなデメリットと言えるのではないでしょうか。


「話題の過払い問題」記事メニュー

「クレジット・ローン」カテゴリメニュー

QLOOKアクセス解析