意外と知らない過払い請求の時効制度

意外と知らない過払い請求の時効制度

お金を貸金業者へ返済している場合、気になるのは過払いしていないかという事です。特に長期に渡って返済している場合はその可能性が考えられます。その目安とされているのが、返済期間10年になる場合です。10年以上となると過払いの可能性が強まります。

しかし、そこで逆に問題となってくる事があります。それは「時効」の問題です。
実は、請求手続きするには、返済してきた履歴に対しての事実関係をきちんと認められた上で可能になります。その履歴により取引の一番最後の時点から数えて10年以内が過払いできる期間となるのです。
つまり、10年以上となると時効が発生する場合があるという事です。

昔ほど多くの利息をとっていた場合が多く、それこそ本来過払い請求をしたい返済でありますね。しかし、時効が発生すると過払い請求ができなくなってしまうのです。それはなるべく避けたい事であります。少しでも心あたりのある方は、なるべく早く手続きを進める事をおすすめします。

その場合も、まず事実である返済履歴を出し、計算する必要があります。そこまですれば後は早いので一度きちんとまとめてチェックしてみてはいかがでしょうか。もしかすると返ってくるお金が発生するかもしれません。

しかし、相手の業者によっては満額が返ってこない場合もあります。やはり、大手と言われるところはいいですがそうでない場合にはもしかすると返ってこない可能性もある、また時効が発生する事もある、という事を頭に入れておいて下さい。


「話題の過払い問題」記事メニュー

「クレジット・ローン」カテゴリメニュー

QLOOKアクセス解析