過払いとは

過払いとは

消費者金融などの貸金業者などから融資を受け、その返済に追われている方は、もしかすると通常返済額以上の金額を払っている場合もありえます。この事を「過払い」と言います。

自分が返済している金融機関の利率を調べてみましょう。もしそれが利息制限法よりも多い利率ならば過払いの可能性があるのです。
利息制限法とは、たとえば10万円未満の場合なら年利20%、10万円〜100万円未満の場合は年利18%など借入額によって定められた利率の事を言います。ただし、規則を守る事でもう少し高い利率設定を許されるという法律もあるので注意しましょう。

過払いであると認められる場合、きちんとした手続きを行えば元本を減らす事ができます。
また、もしそれ以上に長期間の借入れや返済を続けている場合は元本がゼロになる可能性もあり、そうなると逆に返済した金額の一部が返ってくる場合もあります。

長い返済にため息をついていた方、一度自分の借入額と利率などをきちんと調べてみて下さい。もしかするとあなたも、過払いの対象になっているかもしれません。対象になっている事がわかったら、早めに過払い請求を行いましょう。

自分で計算できない場合は、専門家である司法書士などに相談してみる事をおすすめします。最初からそうする事で、申請する場合もあなたに代わって行ってくれるので、安心でスムーズです。


「話題の過払い問題」記事メニュー

「クレジット・ローン」カテゴリメニュー

QLOOKアクセス解析