返済計画を練ってから金利を選ぼう

返済計画を練ってから金利を選ぼう

ローンの返済をしていく場合は、固定金利と変動金利のどちらかを選ぶケースがあります。
もちろん、全ての金融機関、全ての借り入れで選択の自由があるという事ではありませんが、たとえば住宅ローンを組む場合には、固定金利と変動金利のどちらかを選ぶ事になります。

よって、金利というのは、単にパーセンテージだけではなく、その形態も判断材料とする必要があります。
パーセンテージも重要ですが、形態も非常に重要で、それによって返済プランにも大きな影響を与える事になります。

それは逆も同じで、返済方法によってどちらが良いかという点も変わってきます。その為、まずは返済方法を先に確立させる事で、より良い方法を選択する事ができる事になります。

例えば、現在の収入はあまり高くないものの、数年後には上がる見込みがあるという人は、変動の方を選び、徐々に高くなっていくという返し方をすれば、収入と常に比例した状態となるので、生活にも支障が出ず、安定した支払いができる事になります。
一方、収入の変化は期待できないが、現時点において既にそれなりの余裕があるという人であれば、固定を選ぶ事で、その後も安定した支払いを続ける事ができるでしょう。

変動と固定、どちらが良いかというのは、返済計画次第といっても過言ではありません。その為、まずは自分の現状、未来の収入や生活費をしっかり計算し、計画をきちんと立てた上で、どちらがより窮屈にならずに済むかを検討すると良いでしょう。


「返済に困らないために」記事メニュー

「クレジット・ローン」カテゴリメニュー

QLOOKアクセス解析