銀行ローンの金利は安い?

銀行ローンの金利は安い?

銀行ローンの大きなメリットとして、金利の安さがあります。信販系、消費者金融など、金融業者には数多くのカテゴリーが存在していますが、金利が一番低いのは、銀行系のローンといって差し支えないでしょう。

誰でもローンを組むのであれば金利の低い金融業者のお世話になりたいものです。まして、住宅ローンなどの高額のローンは高金利では到底支払っていけません。
そういう意味では、銀行は条件面では最高といえます。

ただ、銀行ローンは金利の安さが魅力的な反面、非常に審査に時間がかかり、さらに審査自体が厳しいという点もあります。審査に関しては、ある程度努力のできる部分と、自分ではどうしようもない部分とがあります。

例えば、過去に返済を滞らせるなどのトラブルを起こした事がある場合は、どうしようもないというのが実情です。銀行でローンを組む場合、こういった過去の経歴というものも重要視されるので、もしそこで引っかかってしまうと諦めざるを得ない事もあります。

ただし、このような返済事故は5年以上経過する事で帳消しになるケースがほとんどです。過去にやむを得ない事情で返済を滞らせた事がある場合、年数が経過していれば審査に通る可能性は十分にあります。
その際は、できるだけ正直に「自分は以前こういう理由で返済を滞らせたことがある」といった告白をした方が良いでしょう。正当な理由があり、適当な時間が経過していれば、この告白は誠実なものとして受け入れられる可能性が高く、好印象につながる事もあるのです。


「銀行のローン」記事メニュー

「クレジット・ローン」カテゴリメニュー

QLOOKアクセス解析