裁判所によって行われる特定調停とは

裁判所によって行われる特定調停とは

特定調停の最大の特徴は、裁判所で調停委員に仲介してもらい、債務者自身が債務整理を行う事ができるという点です。その為、任意整理などと違い、費用がかなり少なくて済む他、解決までが非常に早く、申し立てから一ヶ月程度で結論が出る事が多いようです。

これが例えば弁護士や司法書士が介入する民事再生などの場合、債権者との交渉だけで相当な時間がかかります。この間は支払いを一時中断するなどの措置はありますが、時間がかかればそれだけ心労も増しますから、結論は早いに越した事はありません。

そういう意味では、裁判所が間に入ってくれる特定調停は有利です。また、特定調停における債権者との交渉は調停委員が進めてくれるため、債務者が債権者と交渉をする必要もありません。

一方、デメリットもやはり存在します。
特定調停におけるデメリットとしては、債権者ごとに手続きを行う分同時進行とはいかない点、成立後に支払いができないという事態に陥った場合には、給与などの資産が差し押さえになってしまう可能性が高いという点、あるいは必ずしも債務者の有利な判決が出るとは限らないという点などです。

裁判所にとって、債務者はお客さんではありません。その為にあくまで平等な観点での判断が行われる事になり、そうなってくると、債務者にとって裁判所は必ずしも守ってくれる存在とはいえないのです。
また、債権者が強硬な場合には、成立しないというケースもあります。


「特定調停を知っておこう」記事メニュー

「クレジット・ローン」カテゴリメニュー

QLOOKアクセス解析