特定調停は自分で審判しよう

特定調停は自分で審判しよう

特定調停は、現状では支払いが完全に不可能というわけではないが、このままだとそう遠くない時期に破産しかねないという状態になった債務者が、破産の一歩手前で踏みとどまれるようにと設けられた救済処置的な制度です。
その為、自己破産とは違い、一定の収入がある程度継続している人でないと、制度の利用ができません。

また、特定調停を選択する大きなメリットとして、非常に安価であるという点が挙げられます。
しかしこれは、あくまでも弁護士や司法書士に依頼せず、自分で手続きを行う場合です。つまりそれは、弁護士や司法書士と話し合いながら進めて行く任意整理とは違い、孤独な戦いとも言えます。

もちろん、お金を出せば相談もできますし手続きもしてもらえますが、そうするとどうしても特定調停のメリットが減ってしまうので、多重債務の状態に陥っている人には利用しにくいという面があります。

そういった点も踏まえ、特定調停を行うかどうかは自分で審判を下す必要があります。弁済計画に関しては、裁判所の調停委員が行ってくれるので問題はありませんが、そこにたどり着くまでの最初の一歩は、自分自身が判断し、審判を下し、行動に出る必要があるのです。ある意味、自分自身へ審判を下す必要があるといえます。

自分の現在のローンの残高、収入、今後の見通しというものをしっかり考えて判断しないと、裁判所から不本意な裁定をされるケースもあります。そうなると、やはり債権者の心象は悪くなってしまいます。特定調停を利用する為には、債務者自身がしっかりと事前に検証する必要があるのです。


「特定調停を知っておこう」記事メニュー

「クレジット・ローン」カテゴリメニュー

QLOOKアクセス解析