特定調停の費用は安いの?

特定調停の費用は安いの?

特定調停における最大のメリットは、やはり費用が非常に安いという点でしょう。その費用は、債権者1社あたり700円程度となっています。裁判所によって若干額の違いはありますが、ほとんど問題となる誤差ではありません。例え5社に借金を抱えている場合でも、3,500円程度で済みという事になります。

これはかなり安価と言えます。その為、債務整理の費用すら捻出できないという人にとっては、特定調停は非常にありがたい制度と言えます。ただ、自分で申し立て手続きをせず、弁護士や司法書士に手続きを依頼する場合は、数万円の費用が必要となります。

弁護士や司法書士が債権者と直接交渉をするのではなく、彼らが裁判所への申し立てや、裁判所への出廷、その他の様々な手続きや確認などを行うというものなので、他の債務整理ほどの費用はかかりませんが、自分で行う場合と比べると、かなりの差が生まれます。その為、楽ではありますが、せっかく特定調停によって生まれる最大のメリットがスポイルされてしまいます。

特定調停に関しては、できるだけ自分で手続きを行う方が良いでしょう。申し立ての方法は難しくなく、裁判所で教えてもらう事もできます。ただ、裁判所へ度々足を運ぶ事になるので、その時間がどうしても取れないという場合は弁護士などに依頼する事になります。

その場合は、ある程度の出費は覚悟しておかなくてはならないでしょう。借金の合計額などと照らし合わせ、どの方法がベストか検討することが必要となってきます。


「特定調停を知っておこう」記事メニュー

「クレジット・ローン」カテゴリメニュー

QLOOKアクセス解析