特定調停を円満に終わらせるには

特定調停を円満に終わらせるには

特定調停を利用する決意を固めた場合、その後はいかに交渉を円満に終わらせるかが重要となってきます。間に裁判所が入るので心強くはありますが、やはり自分自身の借金を軽減してもらうよう交渉するという事は、どこか後ろめたい気持ちになるものです。

それでも、裁判所によってその正当性が認められさえすれば、そういった気持ちもなくなりますし、気持ちよく新しい弁済計画に沿った返済が行えるのです。その為には、円滑に手続きを進めていく必要があります。

特定調停の手続きは、まず債務者が簡易裁判所に申し立て手続きをする事で始まります。調停が始まると、債権者も出頭し、そこで話し合いがもたれる事になります。
相手は金融のプロですからこういった事は頻繁にあり、場慣れしていない債務者はどうしても気迫で押されるケースが出てくるかと思いますが、裁判所の関係者が公正な立場で立ち会うので、主張する所はしっかり主張しましょう。そうでなくては、申し立てをした意味がありません。

そこで、もし債権者が納得しなければ、他の整理方法を考えなくてはなりません。ただ、逆に言えば、債権者にとっては他の整理方法で借金を帳消し、もしくは大減額されるくらいなら、調停での新たな弁済額で手を打つ方がいい、という計算も当然あり、現実的な額であれば円満に事が運ぶケースも少なくありません。

その為、あらかじめ任意整理などの他の方法を勉強しておき、その場合はどれくらいの額になるかという点を主張しながら話し合いを持つことで、調停が円満に進む可能性は十分あります。
円満解決を勝取るためには、まずは準備をしっかりすることが大切といえるでしょう。


「特定調停を知っておこう」記事メニュー

「クレジット・ローン」カテゴリメニュー

QLOOKアクセス解析