特定調停で借金を整理する

特定調停で借金を整理する

借金で首が回らなくなった人が、どんな手段で次の人生へとシフトチェンジするかという事は、常に大きな社会問題として存在しています。

本来は自己責任、自己管理の下に借金とその返済はあるべきなのでしょうが、実際には自制がきかず、あるいはやむをえない事情によって借金を抱えてしまい、返済ができなくなってしまう人は数多くいます。それだけの人数の人達を放置する事はやはりできません。
その為、いくつかの債務整理の方法が存在しており、その中のひとつが「特定調停」です。

特定調停は、債務整理の中のひとつです。この他に破産、個人民事再生、任意整理といった方法があります。有名なのは破産ですね。返済能力が全くない場合は自己破産という方法をとります。

ただ、現在の借金の額や金利を減らせば返済可能という場合においては、民事再生や特定調停という方法をとります。これらは、家などの資産を投げ打つ代わりにほとんどの借金を免除とする自己破産とは違い、現実的に返済可能なレベルにまで借金を減額する事が目的となります。

特定調停の大きな特徴は、債務者自身でも申し立ての手続きができるという点です。同じ債務整理でも、自己破産のような手続きになると自分でするには手続きが難しくどうしても弁護士や司法書士といった法の専門家を頼ることとなりますが、特定調停では比較的簡易な手続きで申し立てをする事ができるのです。
その為、費用はかなり少なく済ませることができます。


「特定調停を知っておこう」記事メニュー

「クレジット・ローン」カテゴリメニュー

QLOOKアクセス解析